会社案内 社長あいさつ

くつしたづくりを通して、よろこびと感動をお届けしてまいります。

玉井商店の前身は、明治22年、米穀卸業並びに米穀仲買人を開業したのがはじまりです。それから足袋を手掛けるようになり、昭和10年に株式会社玉井商店を設立。以来、足袋やくつした一筋に歴史を築いてきました。

私自身、くつしたに携わって約40年の月日を積み重ねてまいりました。近頃、心中に去来しますのは、「たかがくつした、されどくつした」という想いです。そう、くつしたは、知れば知るほど、つくればつくるほど、奥深い。

くつしたひとつで、身体や心までも、あたたかく、幸せで、健やかになる力がわいてくる。私はかさねばきをはじめて、そう実感しました。「冷えとり」には、私たちが想像する以上に大きな可能性が秘められているのです。そんなくつしたの魅力を広くお伝えすることで、より多くの皆様に、よろこび、感動、満足感をお届けしたい。それが、私たち玉井商店の切なる願いです。

株式会社玉井商店 代表取締役 玉井敬祐

これからも、「良いくつしたとは何か?」を常に考え続けていくこと。素材や製法、履き方を徹底的に工夫し、さらなる快適さを追い求めていくこと。そうして、魅力のある商品をつくり続ける、魅力のある会社を目指していきたいと思います。

お客様、お取引先の皆様には、末長いお付き合いを賜りますよう、つつしんでお願い申し上げます。

玉井社長ってこんな感じ

冷えとりに目覚めた、運命の瞬間。
会社は順調に成長してきたが、新たな道を模索する日々。そんななか、冷えとりくつしたと出会い、その心地よさに、いたく感動…!
これはっ!あたたかくて気持ちいい!
くつした一筋に40年、原点に帰る一大決心。
“売れるくつした”より“良いくつした”を(もちろんそれが売れるのが本望)!冷えとりをベースにくつしたづくりの原点回帰を決意…!
くつしたでよろこびをお届けすることが私たちの使命…!
素材も製法も履き方も価格も。ベストバランスの商品作り。
品質はもちろん価格にも徹底してこだわります。その良さを多くの方に実感していただきたいから、お求めやすいお値段であることも重視しています。
ベストバランスの商品作り

ページの先頭へ