沿革 会社概要

明治22年(1889年) 玉井又治郎 大阪堂島にて米穀卸業並びに米穀仲買人を開業
明治37年(1904年) 玉井又治郎 大阪市南区鍛冶屋町にて 装束問屋を開業
大正10年(1921年) 大阪市南区大宝寺町にて足袋原料問屋を兼営する
昭和10年(1935年) 玉井又治郎 資本金 19万5千円をもって 株式会社玉井商店を設立する
昭和16年(1941年) 企業整備に依り総合団体である大阪綿スフ織物株式会社統合される
玉井商店 専務玉井弘 大阪綿スフ織物株式会社 社長として出向就任する
昭和27年(1952年) 総合解除に依り 資本金 150万円を以って 株式会社玉井商店 再発足し
玉井慶太郎 社長に就任
昭和31年(1956年) 蝶理株式会社と共同出資で 資本金 100万円を以って
別会社 玉井合繊株式会社を設立する
主として東洋レーヨン(現 東レ)の次製品を扱う
昭和35年(1960年) 玉井合繊株式会社を解散し 同時に株式会社玉井商店に吸収合併し
新資本金 250万円にする
昭和54年(1979年) 三代目 玉井敬祐 社長に就任する
平成3年(1991年) 中国での靴下製造開始
平成4年(1992年) 中国での足袋製造開始
平成8年(1996年) 資本金を 1,000万円に増資
平成14年(2002年) 株式会社玉井商店上海事務所開設
平成17年(2005年) 株式会社玉井商店さいたま営業所開設
平成18年(2006年) 株式会社玉井商店上海検品センター開設
平成19年(2007年) 現地法人 玉井(上海)貿易有限公司を設立する
平成19年(2007年) 会社規模拡大の為、大阪営業所を南久宝寺町に移転する

ページの先頭へ